面白かった本

【仕事、結婚など人生訓が詰まった1冊】「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」

こんにちは、うしどんです。

今回紹介する本は、「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」(G.キングスレイ ウォード (著)、城山 三郎 (翻訳)/新潮文庫)です。


この本は、

  • 人生訓
  • 結婚観
  • 交友関係の在り方
  • ビジネス社会を生き抜く処世術

など、生きていくにあたって役立つ知恵が満載の良書です。

おすすめ読者

・学生、新社会人の方

・若手ビジネスマン

・子供をもつ親世代

私は大学卒業後、就職してすぐにこの本と出会い、何度も読み返しています。

早速、ご紹介していきます。

著者及び著書について

G.キングスレイ ウォード

カナダ人の著者は、公認会計士として働いた後、化学事業を手がけ、7つほど会社を立ち上げて成功させている実業家です。

本書は、事業家である著者が自身の息子に向けて書いた手紙で、息子が17歳の時から約20年間、息子へ会社を譲るまでの間、人生の様々な局面でアドバイスが綴られています。

時に優しく、時に厳しく、まるで自分の父親と話しているような感覚で、読み進めることができます。

ちなみに、翻訳者の城山 三郎氏は小説家で、作品には「雄気堂々(上下)合本版(新潮文庫)」、「落日燃ゆ(新潮文庫)」、「官僚たちの夏(新潮文庫)」、「毎日が日曜日 (新潮文庫)」などがあり、どれも面白いです。




本の概要について

実社会に出発する君へ」「誠実さの代価」「読書の価値」「結婚を気軽に考えないで」「事業を拡大する上で重要なこと」など、30のテーマで構成されています。

一貫して主張されているのは、

準備の大切さ

・学び続けることの大切さ

・誠実であること

失敗を恐れないこと

ということです。

特に「失敗を恐れない=挑戦すること」に関しては、次の引用が印象的です。

「熟練した小鳥だけが歌うとしたら、森は静まり返るだろう」

働くこととは何か」、「生きることとは」など、ビジネスに限らず、人生に関しても筆者の経験と教養に裏打ちされた、的確なアドバイスが満載です。

情報の根拠を手に入れること、情報に基づいて行動を起こすことなど、日常で役立つ考え方に触れることができます。

文庫サイズで持ち運びしやすいので、ぜひ通勤時間等にご覧ください。

こちらの記事もおすすめ

読んだ本からオススメを紹介しています。

https://www.myroom-blog.com/bookayumi-matome/

節約術を紹介しています。

https://www.myroom-blog.com/saving-matome/

インデックス投資術を紹介しています。

https://www.myroom-blog.com/investment2/

こちらの記事もおすすめ