貯金・投資

投資を始める前に、生活防衛資金を確保しよう!

資産を増やしていくために、投資は欠かせない選択肢の1つです。

今すぐ投資を始めたくなりますよね。

でも投資を始める前に、準備しておきたいものがあります。

それは「生活防衛資金」の確保です。

今回は「生活防衛資金」とその必要性について、解説したいと思います。

生活防衛資金とは何?

生活防衛金は、急な出費に備える現金のことです。

例えば、

・病気やケガ、長期入院

・予期せぬリストラ

などで収入が途絶えてしまった場合に、一時的に賄うお金です。




なぜ生活防衛資金が必要なの?

長期的に投資と向き合うための、安心材料として生活防衛資金が役立ちます。

投資はリスクを伴います。

長期投資であれば、株価が上昇する可能性が高いと言われていますが、短期的には暴落局面を迎えるリスクもあります。

生活防衛資金がない場合

もしコロナショックのような暴落時に、まとまったお金が急に必要になったら、損切をしてお金を工面しなければなりません。

50%近く株価が暴落しているときに、当面の生活費のために、損切をするのは、勿体ないですし、勇気が要ります。

生活防衛資金がある場合

一方で、生活防衛資金があれば、何か急な出費があった場合にも、市場の株価に一喜一憂することなく、対応することができます。

つまり、生活防衛資金は、長期投資に安心して向き合うための心強いパートナーになってくれるのです。

なにが起きても、自分と家族を守ってくれるお金、それが生活防衛資金です。



生活防衛資金はいくら必要?

では生活防衛資金はいくら確保すれば、安心できるのでしょうか。

各家庭で異なりますが、

・会社員なら、生活費6か月分
・自営業なら、生活費1年分

が目安になります。

会社員は自営業に比べ、失業保険や傷病手当などの福利厚生が手厚いので、少なめで見積もっています。

わが家は生活防衛資金として、200万円確保しています。

生活防衛資金をどうやって貯めるか

生活防衛資金を貯める流れとしては、まず節約が大切です。

通信費や保険代など固定費の見直しをして家計強化を図れば、
年間60万円以上の節約は十分可能です。

「節約術」は、わが家が実践してきた内容をまとめていますので、
こちら」から、ぜひご覧ください。

生活防衛資金の預け先はどこがいい?

生活防衛資金の預け先は、銀行がおすすめです。

管理しやすくするために、日々の生活費口座とは分けて、別の銀行に預金する方がいいと思います。

おすすめの銀行口座

わが家では、普通預金金利の高い、楽天銀行に預けています。

楽天銀行は楽天証券と連携することで、普通預金の金利が0.1%になり、とてもお得です。

多くの銀行の預金0.001%と比べれば、100倍も差があります。

楽天銀行についてはこちらの記事をご覧ください。

楽天銀行は普通預金の金利が高くてお得です!今回は普通預金金利の高い銀行口座、楽天銀行をご紹介します。 銀行の普通預金の金利は年0.001%がほとんどですが、楽天銀行は年0....



まとめ

投資を始めるにあたって、生活防衛資金を貯める必要性について、説明してきました。

長期投資のパートナーとして、まずは生活防衛資金の確保を優先していきましょう。
そのためには節約が有効です。

節約はノーリスクの投資である、という表現を聞いたことがありますが、
まさしくその通りだと思います。

生活防衛資金が貯まったという方は、実際に投資を始めてみましょう。
生活防衛資金の貯金と並行して投資を始めるのもOKです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

まいるーむ
まいるーむ
ほったらかし投資・始め方ガイド!次の記事はこちら
投資信託の仕組み&おすすめ銘柄を紹介!もう迷わない!今回は、 投資信託の仕組み&おすすめ銘柄を紹介します。 投資を始めたいけれど、 ・投資信託ってなに? ・何を...
まいるーむ
まいるーむ
ほったらかし投資・始め方ガイド!に戻る方 
【初心者必見】ほったらかし投資・始め方ガイド!この記事では、 【初心者必見】ほったらかし投資・始め方ガイドと題して、 投資初心者の方が、 ①証券口座を開設して、 ...
あわせて読みたい