投資

投資を始める前に、当面の生活費=生活防衛資金(現金)を確保しよう!必要な理由!

資産を増やしていくために、投資は欠かせない選択肢の1つです。

今すぐ投資を始めたくなりますよね。

でも投資を始める前に、準備しておきたいものがあります。

それは「生活防衛資金」の確保です。

今回は「生活防衛資金」の必要性について、解説していきます。

生活防衛資金って何?

生活防衛金とは、急な出費に備える現金のことです。

例えば、

・病気やケガ、長期入院

・予期せぬリストラ

などで収入が途絶えてしまった場合に、一時的に賄うお金です。

なぜ生活防衛資金が必要なの?

投資にはリスクを伴うため、その備えが必要だからです。

長期的には、株価が上昇する可能性が高いと言われていますが、短期的には暴落局面を迎えるリスクがあります。

長期投資の原則は、「買ったら売るな(バイ&ホールド)」です。

長期的に投資と向き合うための安心材料として、生活防衛資金が役立ちます。

生活防衛資金がない場合

生活防衛資金を準備していなかった場合を考えましょう。

もしコロナショックのような暴落時に、まとまったお金が急に必要になった場合、保有する投資信託を売却して、お金を工面しなければなりません。

株価が暴落している時に、損切(損をしている状態で売ること)をするのは、株式市場から退場することを意味します。

次に生活防衛資金を準備している場合を考えていきましょう。

生活防衛資金がある場合

一方で、生活防衛資金を準備している場合です。

何か急な出費があった場合にも、生活防衛資金を充てることで、株価に関係となく対応することができます。

つまり、生活防衛資金は、長期投資に安心して向き合うための心強いパートナーになってくれるのです。

なにが起きても、自分と家族を守ってくれるお金、それが生活防衛資金です。



生活防衛資金はいくら必要?

では生活防衛資金は、いくら確保すればいいのでしょうか。

目安をご紹介します。

  • 会社員なら、生活費6か月分
  • 自営業なら、生活費1年分

が目安になります。参照:お金の大学(両@リベ大学長)

会社員は自営業に比べて、失業保険や傷病手当などの福利厚生が手厚いので、少なめで見積もっています。

一方、著書「お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ)では、

生活費の2年分」を銀行預金など流動性の高い金融商品で確保することが望ましい

と紹介されており、意見が分かれるところです。

うしどん
うしどん
ちなみにわが家は、200万円(約8ヶ月分)確保しているよ

「いざという時、帰れる実家があるか」など、ご家庭の状況によって必要額は変わるので、一度試算してみてください。

生活防衛資金をどうやって貯めるか

生活防衛資金を貯める流れとしては、まず節約が大切です。

通信費や保険代など固定費の見直しをして家計強化を図れば、年間60万円以上の節約は十分可能です。

無理なくできる年間100万円の節約術」を参考に、節約に取り組んでほしいと思います。

【家計見直し】年100万円の節約術を紹介!保険、スマホ通信費、車、銀行など「節約はノーリスクの投資」と言えるくらい、効果が大きい取組です。この記事では、わが家が実践してきた節約術を一挙紹介します。年間60万円~100万円の節約も可能です。...

家計管理のため家計簿をつけてみましょう。オススメの家計簿アプリは、マネーフォワードMEです。

マネーフォワードMEの魅力

・銀行やクレジットカードの利用明細を自動で取得

・取得した利用明細を自動仕訳け

・現金を利用した時はレシート撮影で簡単入力できる

・家計簿のテンプレートが見やすい




生活防衛資金の預け先はどこがいい?

生活防衛資金の預け先は、銀行がおすすめです。

管理しやすくするために、日々の生活費口座とは分けて、別の銀行に預金する方がいいと思います。

おすすめの銀行口座

わが家では、普通預金金利の高い、楽天銀行に預けています。

楽天銀行は楽天証券と連携することで、普通預金の金利が0.1%になり、とてもお得です。

多くの銀行の預金0.001%と比べれば、100倍も差があります。

楽天銀行についてはこちらの記事をご覧ください。

楽天銀行は普通預金の金利が最大0.1%!手数料も無料の便利な銀行口座です!普通預金金利の高い銀行口座、楽天銀行をご紹介します。 楽天銀行は実店舗を持たない「ネット銀行」です。楽天銀行のメリットは、普通預金の「金利の高さ」。楽天銀行は年0.02%と一般的な銀行と比べて20倍です。さらに、楽天証券を開設して楽天銀行を連携すれば、普通預金口座の金利が5倍の年0.1%になります。...



まとめ

投資を始めるにあたって、生活防衛資金を貯める必要性について、説明してきました。

目安の金額としては、

  • 会社員なら、生活費6か月分
  • 自営業なら、生活費1年分

です。

長期投資のパートナーとして、まずは生活防衛資金の確保を優先していきましょう。

そのためには節約が有効です。

「節約はノーリスクの投資」です。

生活防衛資金が貯まったという方は、実際に投資を始めてみましょう。

生活防衛資金の確保と少額投資を並行しても問題ありません。

こちらの記事もおすすめ

投資信託、インデックス投資について学びましょう。

投資信託ってなに?インデックスファンドに投資しよう!投資を始めたいけれど、 投資信託ってなに? どんなを買ったらいいか、わからない という初心者の方に、投...

インデックス型投資信託の始め方」に戻る方は下記をクリック。

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...
こちらの記事もおすすめ