貯金・投資

お得な「つみたてNISA」で投資をしよう!

「つみたてNISA」のメリット、デメリットを把握して、しっかりと活用していきましょう。

つみたてNISAの概要がわかりますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAとはどんな制度か解説していきます。

①税金がかからない

投資信託の売却時に得られる利益分配金は、「特定口座」や「一般口座」での投資では、約20%が税金(所得税、住民税、復興税)として、引かれてしまいます。

一方、つみたてNISAであれば、売却時の利益や分配金は、非課税になります。

これがメリットの1つです。

②20年間運用可能で、長期投資に向いている

今なら2042年(予定)までなら、誰でも何歳からでも利用でき、20年間非課税の恩恵が受けられます。

 

③少額投資が可能

つみたてNISAは年間40万円が投資上限額となっていて、月額は3万3333円が上限となります。

楽天証券やSBI証券なら、100円から少額投資が可能です。

まとまったお金を用意するのが難しい方も、少額から投資を始められます。


④払出し制限がない

60歳まで原則払出しが出来ないiDeCoと異なり、つみたてNISAは途中で解約し、払出しをすることができます。

ただ、解約した分の非課税枠は復活しませんので、出来るだけ長期の保有をおすすめします。

⑤自動積立ができるので、手間なくコツコツ投資ができる

最初に購入銘柄や積立額を決めておけば、あとは証券会社が自動で購入してくれます。

楽天証券やSBI証券なら設定や変更(購入金額や銘柄の変更)も簡単です。

アプリやWEBページから簡単に手続きできます。

⑥長期投資に向く良い商品が揃っている

・「購入手数料が0円(ノーロード)」

・「信託報酬(投信保有時の管理手数料)が低い」など、

長期投資に適した商品を予め国が選定しているので、ぼったくり商品を購入する危険性が少ないです。




⑦上限額は年間40万円、20年間

つみたてNISAは、年間40万円、最大800万円(20年間)が上限となります。

最大、月33,333円まで積立が可能です。

以上、特徴とメリットを記載してきました。

次につみたてNISAのデメリット(注意点)もご紹介します。

つみたてNISAのデメリット(注意点)

①欲しい商品が新たにでてきても、スイッチングができない

つみたてNISAでは、「保有している資産」を、保有していない新たな銘柄に切り替え(スイッチング)が出来ません。

一度売却してしまうと、非課税枠は戻らないので要注意です。

ただ、現時点でも良い銘柄が揃っていますので、新しい銘柄が出てきたら、今まで購入したものはそのまま運用し、新規購入分から新しいものを積立ましょう。

②損失が出ても、損益通算ができない

特定口座の場合、
ア証券の特定口座で20万円の利益が出て、イ証券の特定口座で20万円の損失が出た場合、両方の証券会社の損益を相殺し課税を減額することができます。

しかし、つみたてNISAは、特定口座との損益を通算できないので、損失が出た場合には他の特定口座との相殺ができません。

③一般NISAとの併用はできない

既に一般NISAをお持ちの方は、併用ができません。ただ、手続きを行えば、つみたてNISAを開設できます。



つみたてNISAの始め方

オススメは楽天証券SBI証券です。

取扱い商品が充実しています。

もしまだ証券口座をお持ちでない方は、口座開設と一緒につみたてNISAの申請をすることができます。楽天証券、SBI証券ならネットで手続きが完了しますので、大変便利です。

おすすめ証券会社について

わが家は楽天証券でつみたてNISAをしています。

楽天証券については、こちらの記事でご紹介しています。

楽天証券で投資を始めよう!おすすめの証券会社!今回は、 という方におすすめの証券口座、楽天証券をご紹介します。 わが家では「楽天証券」で、つみたてNISAとiDe...

おすすめの投資信託について

わが家も購入している投資信託は、下記の記事に記載しています。

投資信託の仕組み&おすすめ銘柄を紹介!もう迷わない!今回は、 投資信託の仕組み&おすすめ銘柄を紹介します。 投資を始めたいけれど、 ・投資信託ってなに? ・何を...

つみたてNISAはメリットの多い制度ですので、優先して活用されてはいかがでしょうか。

まいるーむ
まいるーむ
ほったらかし投資・始め方ガイド!次の記事はこちら

iDeCoについて準備中

まいるーむ
まいるーむ
ほったらかし投資・始め方ガイド!に戻る方 
【初心者必見】ほったらかし投資・始め方ガイド!この記事では、 【初心者必見】ほったらかし投資・始め方ガイドと題して、 投資初心者の方が、 ①証券口座を開設して、 ...
あわせて読みたい