子育て

【子育て日記1】不妊治療を開始するまで~妊娠判定まで

わが家は令和2年から不妊治療に取り組み、おかげ様で、令和3年4月に妊娠が判明しました。

今回は不妊治療を開始して、妊娠判定までの振り返りをしたいと思います。

不妊治療を受けるまで

28歳で結婚し、30歳で妊活を始めました。

通っていたクリニックに相談し、タイミング療法に取り組みました。

少し早いかなと思いながらも、10ヶ月経過しても授からないため、妻が通水検査を受けました。

超音波下子宮卵管造影検査と腹腔鏡手術

その結果が思わしくなかったため、令和2年10月、超音波下子宮卵管造影検査を受けることに。

子宮内のポリープもあわせて摘出することになり、腹腔鏡手術となりました。

術前入院を含め、5日間の入院でした。



手術の結果、子宮内のポリープは無事摘出できたのですが、

医者からは、

「卵管のどこかで癒着が生じており、かつ特定が難しい」
今の状態では、自然妊娠は望めない

という診断でした。



次のステップとして、医師から2案、提案がありました。

案1 卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル)

自然妊娠を望むなら、卵管の癒着を剥がす手術として、

卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル)を受ける。

案2 体外受精

体外受精に移る。

夫婦で話し合って、「案2 体外受精」に進むことにしました。

体外受精を選んだ理由

・卵管の閉塞だけが、不妊の原因かわからないこと。

・卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル)を受けて、無事、卵管が通ったとしても、その後に自然妊娠できるかはわからないこと。

・また、術後に再び閉塞するリスクもないとは言い切れないこと。

・30代前半であれば体外受精による妊娠の確率は高いということ。

 ・若ければ、卵子をより多く入手できる可能性が高く、その分、戻せる胚も増えること。

・体外受精は、採卵時のホルモン注射が特にしんどいが、もしたくさん採卵できれば、卵子を凍結しておけば、第二子目以降、当時の卵子で移植が可能であること。 

以上の理由から、

不妊治療を取り組むことにしました。



不妊治療から妊娠判定まで

不妊治療開始

令和2年12月8日に説明会を受講、

同12月末から、投薬を開始しました。

採卵に向けて

・令和3年1月から点鼻を開始。(8時間起き)

・hCG注射は土日も関係なく、毎日仕事の合間をぬって、毎日注射(病院通い)

採卵~移植

2月に採卵を行い、4月5日に移植しました。

移植の前後も、貼り薬(2日おきに貼り替え)や膣錠(12時間起き)もあり、妻の負担は本当に大きいものでした。感謝しかありません。

妊娠判定の喜び

令和3年4月19日、検査の結果、妊娠が判明!

その時の喜びは、筆舌に尽くしがたいものでした。主治医からも「引きが強い」と言われました。

妻の頑張りに感謝してもしきれません。

不妊治療の費用に関して

費用は助成があるといっても、20万円強は実費となりました。

わが家は幸いにも、1回目の移植で授かることができましたが、治療をくり返す方の金銭的負担は相当重いと思います。

あまり、出産にお金を持ち出したくはありませんが、子供を望む夫婦が、金銭面を理由に治療を諦めることがないよう、国の支援を厚くしてほしいと願っています。

令和3年12月が出産予定なので、今か今かと待ち遠しいです。またご報告します。



あわせて読みたい