読書の歩み

【生きる指針となる強烈なメッセージ】自分の中に毒を持て 岡本太郎

今回は、岡本太郎氏の著書「自分の中に毒を持て」をご紹介します。

太陽の塔の作者としても有名な洋画家です。

芸術ば爆発だ」は、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

うしどん
うしどん
学生時代から繰り返し読んでいる1冊です。

読む度に岡本氏の「生きる上で大切な考え方」や「情熱的な姿勢」から、勇気をいただいています。

この本はとにかく情熱にあふれています。生きるエネルギーを与えてくれます。

この本は表紙デザインも印象的です。岡本氏の写真がドンと掲載されています。

 

著者プロフィール

岡本太郎

洋画家。1911年、東京生まれ。パリ大学卒業。

大阪万国博覧会の「太陽の塔」の創作はあまりにも有名。

岡本太郎記念館は一見の価値あり。

本書からのメッセージ

岡本氏のメッセージは、一貫して「自分と如何に向き合い、自分自身といかに闘うか」ということです。

他者との比較ではなく、あくまで自分責任論で考える大切さを、痛感させてくれます。

危険な道をとる」いのちを投げ出す気持ちで、自らに誓った。

死に直面する以外の生はないのだ。その他の空しい条件は切り捨てよう。

そして、運命を爆発させるのだ。

そもそも自分を他と比べるから、自信などというものが問題になってくるのだ。(中略)

自信はない、でもとにかくやってみようと決意する。ひたすらやってみる。

やろうとしないから、やれないんだ。





すぐ現状に甘んじてしまう自分にとって、耳が痛い言葉です。

悩んだとき、決断が大切

言葉の節々に、芸術家・岡本太郎氏の情熱を感じられます。

真剣に取り組むからこそ悩む。

でも悩んでいるだけではだめで、「決断を下すんだ」と岡本太郎氏はメッセージをくれます。

会社をやめて別のことをしたいのなら、あとはどうなるか、なんてことを考えないで、とにかく、会社をやめるという自分の意志をつらぬくことだ。

人生の教科書だ

進むべきか判断に迷ったとき、落ち込んだとき、悩み事があるとき・・・

背中を押してくれる本ですので、お試しください。

 

こちらの記事もおすすめ

読んだ本からオススメを紹介

【読書の歩み】家計や人生を豊かにしてくれる、オススメの本を紹介しますこれまで読んだ本から、「暮らし、お金、節約、生き方、仕事」に役立つ本を紹介しています。...

エッセンシャル思考で「最小の時間で最大の成果を」

【取捨選択のヒント】エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする今回は「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」を紹介します。限りある時間を有効に使いたい方、いつも時間に追われている方、(気の進まない)頼まれごとを断るのが苦手な方に読んでほしい1冊です。...
こちらの記事もおすすめ