読書の歩み

Think clearly(シンク・クリアリー)に学ぶよりよく生きるヒント!

今回ご紹介する本は、Think clearly(ロルフ・ドベリ著 サンマーク出版)です。

本のサブタイトルのとおり、「最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法」を学ぶことができます。

52のテーマから構成されていて、これ1冊で、様々な自己啓発本を網羅していると感じました。前向きになれる具体的なアドバイスが満載です。

おすすめ読者

・生活習慣を見直したい方

・よりよい生活習慣を身に着けたい方

 

著者プロフィール

ロルフ・ドベリ

・1966年、スイス生まれ、作家、実業家。

・スイス航空の子会社数社で最高財務責任者、最高経営責任者を歴任。

・著書に「Think clearly」ののか、「Think Smart」「Think right」がある。

本書の内容

印象に残ったフレーズ

印象に残ったフレーズをご紹介します。

大事なのは「完璧な計画を立てること」ではなく、「状況に合わせて何度でも計画に変更を加えること」

まずは動き始めること。軌道修正は走りながらできます。

失った時間とお金は取り戻せないが、起きた出来事の解釈の仕方を変えることができる。行動する人は挫折のリスクと無縁ではないが、そのかわり経験を積むことができる。

解釈の仕方を変えると、生きやすくなると思います。

「自分に不足している能力」に不満を感じるのは、やめよう。大事なのは、あなたが少なくとも「1つの分野」で抜きん出ているということだ。

足りないものより、そこにあるものを大切にしよう。

1番大事なのは、あなた自身がどう判断するか

相手に振り回されてはいけません。

自分以外の人間の性格は決して変えられないよ。人生の大きな意義の答えを探すのはやめたほうがいい。時間を無駄にするだけだ。

自分の影響力を発揮できるところだけ、考えるようにすると、ストレスがぐっと減ります。

私の心配事メモ」と言うタイトルをつけたメモ帳を1つ用意しよう。時間を決めて、その間に気にかかっていることをすべてをそこに書き出すのだ。心配して当然の深刻な問題に、ちょっとしたことも、漠然とした不安も、気になる事はとにかく全て書き留める。

書き出してみると、「案外、杞憂だった」ということが多くあります。

書き出すことで客観視でき、冷静に判断することができます。

まとめ

一度きりの自分の人生、他人の目を気にして生きるのはもったいないと改めて思いました

本で紹介されているアドバイスから少しずつ自分に合ったものを実践してみてください。

こちらの記事もおすすめ

おすすめの本を紹介

読んでよかった本をテーマごとに紹介しています。

【読書の歩み】家計や人生を豊かにしてくれる、オススメの本を紹介しますこれまで読んだ本から、「暮らし、お金、節約、生き方、仕事」に役立つ本を紹介しています。...

本から学ぶ

印象に残った言葉をテーマごとに選んで紹介しています。

【本から学ぶ】シリーズ テーマ別に本から名言を選んでお届けします読書好きが高じて、これまで読んだ本の中から印象に残ったフレーズや言葉を、テーマに沿って集めてみました。「本から学ぶ」シリーズと題して、お届けしてまいります。...

時間節約の考え方

ロルフ・ドベリの著書です。ニュースとの向き合い方を学んで、時間を節約しましょう。

News Diet(ニュースダイエット) 無駄な情報に振り回されない生き方「News Diet(ニュースダイエット)」(ロルフ・ドベリ)をご紹介します。「情報があふれる世界でよりよく生きる方法」を学べる良書です。時間に追われている方に、ぜひ読んでほしい1冊です。...
こちらの記事もおすすめ