読書の歩み

本から学ぶ、「コミュニケーションに役立つヒント」5選

今回は読んだ本のなかから、「コミュニケーションに役立つヒント」を5つ選んでお届けします。

コミュニケーションは、対人関係の潤滑油です。一方で苦手な方が多いのも事実。

ちょっとしたコツで、苦手が克服することもあります。

1つでもヒントがあれば幸いです。

 

①話がとぎれない話し方66のルール / 野口敏

会話には「話す力」よりも相手の気持ちを「慮る(おもんばかる)力」のほうが必要


自分の話したいことを話すのでは、会話のキャッチボールではなく、ドッチボールになってしまいます。

相手のペースを思いやることが大切です。

②「話し方」の心理学 / ジェシー・S・ニーレンバーグ

いま話している相手とのイメージのズレを防ぐには、
まめにたがいのイメージを確認すればよい。(中略)
フィードバックするときは、
相手が使った言葉をそのまま使ってはならない。

相手の理解度を確認することは大切。

もし途中で少しでも不明な点があると、相手はそれ以上あなたの話が頭に入ってこなくなります。

これは会話に限らず、ブログの文章でも同じですね。

③人生の教科書「人間関係」 / 藤原和博

あなたがした体験の話のネタとしてのエネルギーレベルが高ければ高いほど、あなたの集客力が高まり、渦巻くように集まってくる。

一般論ではない、あなた自身の体験を話しましょう。

経験で培われた自分自身の言葉ほど、説得力のあるものはありません。

例えば、旅行は強力な体験と言えるでしょう。




④仕事がうまくいく「質問」の仕掛け / 大串亜由美

相手の「。」まで聴く。

傾聴は難しいけれど、本当に大事ですよね。

「。」まで聴く心がけが大切です。

⑤ドラッガー名言集 仕事の哲学/P.F.ドラッガー

聞くものがいなれば、コミュニケーションは成立しない。

聞くことの大切さがここでも説かれています。

一方通行では会話は成り立たず、やはり聞く側の存在は欠かせません。

以上、本から学ぶ「コミュニケーションに効く言葉5選」をお届けしました。

こちらの記事もおすすめ

読んでよかった本を紹介しています。

【読書の歩み】家計や人生を豊かにしてくれる、オススメの本を紹介しますこれまで読んだ本から、「暮らし、お金、節約、生き方、仕事」に役立つ本を紹介しています。...
こちらの記事もおすすめ