読書の歩み

【生きるヒント】DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

今回ご紹介する本は、「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」です。

  • 「今しかできないことにお金を使う」
  • 経験には旬がある

ということを、考えさせてくれる本です。

 

この本は、次のような方にぜひ読んでほしい内容です。

オススメ読者
  • やりたいことがあるけれど、現状から一歩踏み出せていない人
  • 目的なく、ただお金を貯めている人
  • 人生を充実させたいと考えている人

著者プロフィール

ビル・パーキンス

1969年、アメリカ テキサス州ヒューストン生まれ。

コンサルティング会社のCEO。

現在は、1億2000万ドル超の資産を抱えるヘッジファンドのマネージャーでありながら、ハリウッド映画プロデューサーなど、様々な分野で活躍している。

内容

DIE WITH ZEROってどういうこと?

本のタイトル、「DIE WITH ZERO」とは、生きているうちに、経験に金を使い切ること、つまりゼロで死ぬということです。

今しかできないことに金を使う」=「経験を最大化すること」の重要性が一貫して説かれています。

「自分が何をすれば、幸せにつながるかを知り、その経験に惜しまずお金を使え」

「富の最大化ではなく、人生の喜びを最大化するための方法を探すこと」

という著者の言葉が印象に残っています。

経験は記憶の配当金をくれる

経験は「記憶(思い出)の配当」を、私たちに与えてくれます。

わが家も新婚旅行の写真を時々見返しますが、その時の思い出は色あせません。

旅行も、今しかできないことの1つだと思っています。

この本を読んで考えたこと

この本を読んで3つのことを考えました。1つ目は、経験には旬があるということです。

20代には20代、30代には30代、60代には60代、各年代で「できること」や「したいこと」が変わってくるはずです。

2点目は、自分や家族が健康でなければ楽しめないということです。

どの年代でも共通して健康は大切ですが、特に高齢になってからは何かと体の不調が出てくると思うので、健康を維持しつつも、若いうちにしかできないことは、今経験しておきたいものです。

3点目は、「経験するためのお金は、惜しみたくない」ということです。

捻出するためにも、日頃から節約や固定費見直しを徹底して、「今しかできない経験に投資していきたい」と、考えを再認識することができました。

皆さんもぜひお試しください。

こちらもおすすめです

節約について

【家計見直し】年間100万円減の節約術を紹介!保険、スマホ通信費、車、銀行など「節約はノーリスクの投資」と言えるくらい、効果が大きい取組です。この記事では、わが家が実践してきた節約術を一挙紹介します。年間60万円~100万円の節約も可能です。...

投資について

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...

 

こちらの記事もおすすめ