読書の歩み

本から学ぶ「読書をしたくなる言葉5選」

1000冊以上の本を読んできた「うしどん」が、これまで読んだ本のなかから、 「読書をしたくなる言葉5選」をお届けします。

あなたの心に響く言葉が1つでもあれば幸いです。

【①ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 / キングスレイ・ウォード】

もし君が時間と忍耐力を読書に注ぐならば、読書をしない同輩たちと比べて、かなり有利な出発点に立てるだろう。

人と比べる必要はないと思いますが、著者が言いたいのは、読書はそれだけ効果があるということです。

【②ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 / キングスレイ・ウォード】
他人の旅路や業績、問題解決のための頭の使い方を思い浮かべてみるほど、実際の経験に近いものはない。
本はそれを可能にする。

続けての引用です。

読書のいいところは、自分ではできない経験を疑似体験できること。

【③読書は一冊のノートにまとめなさい / 奥野宣之】

ハブ本=「本で紹介している本」です。(中略)
紹介されているテーマが重なる本へと読み継ぐことで、より知識の体系化を進めることができます。

 

読書をすればするほど、新しい本との出会いが生まれ、読みたい本が増えていく。

新しいことを学ぶとき、体系立てて学べる点が、本のメリットだと思います。

【④非常識な読書のすすめ / 清水克衛】

知識をインプットするためではなく、自分の力を世界に向けてアウトプットし、人との絆をしっかり結んでいくために本を読む。

 

目的をもって読むと、内容も頭に残ると思います。アウトプットを意識した読書も大切ですね。

【⑤読書は「アウトプット」が99% / 藤井孝一】

本を読むことは「人と出会う」こと

 

読書を通じて時代や場所を超えて、様々な人と出会うことができます。

これこそ、読書の醍醐味です。




まとめ

本から学ぶ「読書をしたくなる言葉5選」をお届けしました。

読書をしていると、読みたい本が芋づる式に増えてくるから不思議です。

目的をもって読むもよし、小説の世界に没頭するもよし。

少しでも読書に向き合っていただければ幸いです。

こちらもおすすめ記事

これまで読んだ本はこちらでご紹介しています。

【読書の歩み】家計や人生を豊かにしてくれる、オススメの本を紹介しますこれまで読んだ本から、「暮らし、お金、節約、生き方、仕事」に役立つ本を紹介しています。...
こちらの記事もおすすめ