投資

【簡単手続き】マネックス証券から楽天証券へ。投資信託を移管手続きしました!

こんにちは、うしどんです。

今回は私が、マネックス証券で運用していた投資信託を、楽天証券に移管した話です。

皆さんの参考になればと思い、実例として紹介します。

投資信託は手続きをすれば、簡単に他証券会社へ移管できます。

おすすめ読者

・複数の証券会社で投資信託を保有している人

・投資商品を他証券会社に移管したい人

証券会社の移管手続きは、

  1. コールセンターへ書類請求
  2. 必要事項を記入して返信
  3. 手数料を準備しておく

上記の3つです。

では詳しくご紹介していきます。

手続きの流れ&手数料

今回はマネックス証券⇒楽天証券に移管しました。

移管した商品は、

ニッセイ外国株式インデックスファンド

です。

①コールセンターへ電話、書類を請求

マネックス証券に手続き書類を請求します。

※コールセンターに電話する必要があります。

※個人情報を聞かれるので、周囲に人がいないところで電話しましょう。

電話で聞かれたこと

・本人確認のため、住所、氏名、電話番号、移管したい銘柄名

・移管先の証券会社(私は楽天証券)

・移管する理由

・移管先に同じ銘柄の取扱があるか

うしどん
うしどん
書類の正式名称は「特定口座内保管上場株式等移管依頼書」です。覚える必要はありません。

届いた書類に記載し、返送する

届いた書類に記入し、返送します。電話後、2営業日後に届きました。

添付資料には、運転免許証などの本人確認書類の写しが必要です。

手数料3,300円を用意

移管には手数料がかかります。

1銘柄(ファンド)につき3,000円(3,300円)です。

マネックス証券の口座から引き落とされるので、あらかじめ振り込んでおく必要があります。



移管完了

資料を請求してから移管完了まで、トータルで20日間ほど掛かりました。

マネックス証券から楽天証券に移管した理由

まず申し上げたいのは、マネックス証券も優良な証券会社の1つだということです。

私は最初、野村證券の営業マンに勧められた投資信託を購入して、痛い目に合いました。

自分の不勉強が身にしみ、投資の本を読み始めることに。

3000円投資生活(横山光昭)」を読み、ネット証券の優位性、マネックス証券の存在を知り、開設⇒積立投資を開始したのが2015年頃でした。

※改訂版である「3000円投資生活デラックス」が2019年に刊行しています。

ただ、2020年に楽天証券で投資を始めることとなり、下記の理由で移管することにしました。

移管した理由

・管理する証券会社を減らしたかった(ID、パスワードの管理が面倒)

・マネックス証券のアプリを削除できる

・マネックス証券より楽天証券が使いやすいから

以上のとおりです。

うしどん
うしどん
ご自身にとって使いやすい証券会社を選んでください

まとめ

今回は私が、マネックス証券で運用していた投資信託を、楽天証券に移管した実例を紹介しました。

投資信託は、

  1. コールセンターへ書類請求
  2. 必要事項を記入して返信
  3. 手数料を準備しておく

上記の3つで、簡単に他証券会社へ移管できます。

参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

楽天証券がオススメの理由

便利でお得な楽天証券で投資を始めよう!操作しやすい!楽天ポイントが貯まる!手数料が安い!投資を始めるなら楽天証券がおすすめです。楽天証券は、手数料の安い商品が豊富、楽天ポイントでポイント投資ができる、楽天カード決済で楽天ポイントが貯まる、楽天銀行と連携すれば楽天銀行の預金が0.1%になるなど、お得な証券口座です。...

インデックス投資を始めたい方

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...
こちらの記事もおすすめ