お金の本

本から学ぶ「お金が必要な理由」

本から学ぶ「お金が必要な理由」をご紹介します。

FIREやセミリタイアが話題になっていますが、そもそも「お金が必要な理由」って何なのか、5冊を通じて考えてみたいと思います。

結論は、「お金=経済的自由」だということです。

早速、ご覧ください。

①米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術 / たぱぞう
「もし、この仕事を失ったら‥‥‥」と思って生きるより、「この仕事を失っても運用という柱がある」と思えて方が、ずっと自由に、豊かに生きられます。

 

備えあれば憂いなし。
お金があれば、体や精神を壊してまで、会社にしがみつく必要がなくなります。

②お金の大学 / 両学長
お金なくして自由なし!
(中略)
多くの人が自由になれないのは、お金がないからです。
お金がない原因は、お金について真剣に学んでこなかったからです。
そもそも、日本の公教育には、お金について学ぶプログラムが一切ありません。

 

初心者でもお金に関する知識を体系的に学べる良書です。

「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」のお金に関する「5つの力」に基づいて、解説してくれています。

③バビロンの大富豪 / ジョージ・S・クレイソン
財産を築く初めの一歩を踏み出すことは、誰にでも訪れる可能性のある幸運と言えるでしょう。
どんな人間にとっても、この第一歩はとても重要なものです。
なぜならそれは、自分の仕事だけが収入である人間から、その金を生かしてさらに収入を得る人間へと変身させるものだからです。

 

「バビロンの大富豪」は読んでほしい1冊です。

本書では、「自分の収入のうち、10分の1は蓄財に回す」重要性も説かれています。

投資が資産を形成する有効な手段ですので、蓄財=投資と考えてよいでしょう。

④父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え
世の中には楽しいことがたくさんあります。お金はそのほんの一部にすぎません。しかし、「会社に縛られないお金」があれば、自由を得ることができます。

 

本書で紹介される投資法は「卵は1つのカゴに入れろ」という、他の投資本にはない投資スタイルで興味深い内容でした。

 

⑤FIRE最強の早期リタイア術 / クリスティー・シェン他
経済的に自立するということは、好きなように人生をデザインするということです。(中略)仕事は必須ではなく選択肢になります。

まず資産形成をして、仕事が好きなら続ければいいし、他にやりたいことがあれば仕事量を減らしたり、辞めたりすればいい。
まさに、選択肢が増えるのが最大のメリットです。

関連記事

このブログでは、特に公務員の方に取り組んでほしい節約術と投資について、紹介しています。

実際に何をしたらいいか迷われている方に、ぜひご覧いただければ幸いです。

わが家の節約術を紹介!年間100万円の節約も夢じゃない!節約はノーリスクの投資と言えるくらい、効果が大きい取組です。 わが家が実践してきた節約術を一挙紹介します。 年間60万円~1...
【初心者必見】インデックス投資の始め方ガイド!この記事では、投資初心者の方に向けて、 「月1万円から始めるインデックス投資」 の方法を紹介しています。 ...

一緒にFIRE目指して頑張りましょう!

あわせて読みたい