投資

【インデックス投資の教科書】お金は寝かせて増やしなさい 水瀬ケンイチ

今回は、「お金は寝かせて増やしなさい(水瀬ケンイチ)」をご紹介します。

インデックス投資の入門書かつバイブルと言える一冊です。

インデックス投資を始めたい方には、役立つ情報が満載です。

おすすめ読者

・投資を始めたい方

・できるだけ手間暇かけずに投資をしたい方

投資信託やインデックス投資に関心のある方

 

著者プロフィール

水瀬ケンイチ(みなせ・けんいち)

1973年、東京都生まれ。都内IT企業会社員のインデックス投資家。

2005年より投資ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を執筆している。

勉強になるので、おすすめのブログです。

本書の内容

本書がすすめる投資法は、本のタイトル通り「お金は寝かせて増やす」です。

個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと待っている方がはるかによい結果を生む。

という考えの基づいた、バイ&ホールド(買い持ち)の投資です。

インデックス投資をすすめる理由

インデックス投資をおすすめする理由として、3つ紹介されています。

①少額から購入できること

②たくさんの銘柄の株式や債券に分散投資できること

③運用に携わる金融機関が破たんしても資金が守られていること

インデックス投資とは、世界中に分散したインデックスファンドを積み立て投資して長期保有すること

世界中の株や債券に分散したインデックスファンドを、毎月定期的に同じ金額を積み立てて、あとは寝かせておくだけ、というシンプルな投資法です。

ドルコスト平均法」による定期買い付けを、本書でも推奨されています。

インデックス投資に最適な金融機関と口座

本書でも、ネット証券の楽天証券やSBI証券がオススメされています。

また、税制面で優遇を受けられる、つみたてNISAを優先的に利用しましょう。

暴落時の心構え

本書で印象的なのは、投資信託を売りたくなる衝動をどうコントロールするか、言及されていることです。

長期的に見れば右肩上がりが予想されるいんで投資でも、リーマンショックやコロナショックのような暴落局面は必ず来ます。

その際に、狼狽売りをせず、ぐっと耐えることが大切なのですが、人の心はそれほど強くない。

本書で紹介されている「どうしても売りたくなったときにふれるべき言葉」は、皆さんの心の支えになってくれるはずです。

まとめ

本書は、

  • なぜシンプルな投資法が強いのか
  • おすすめのインデックス投資の銘柄
  • 出口戦略について

など、インデックス投資のイロハを丁寧に解説してくれている良書です。

インデックス投資を学ぶ上で、高額商材は必要ありません。

ぜひご覧いただければと思います。

こちらの記事もおすすめ

投資初心者さん向けに、実際に投資を始める流れをまとめました。ぜひご覧ください。

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...

お金や人生に役立つ本をまとめています。

【読書の歩み】家計や人生を豊かにしてくれる、オススメの本を紹介しますこれまで読んだ本から、「暮らし、お金、節約、生き方、仕事」に役立つ本を紹介しています。...
こちらの記事もおすすめ