読んでよかった

父が娘に伝える 自由に生きるための 30の投資の教え ジェイエル・コリンズ

今回ご紹介する本は、

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」です。


投資のアドバイスが満載の1冊となっています。

アメリカ向けに書かれた本ではありますが、日本でも十分応用できる内容です。

筆者は投資で得られるものとして、次のとおり「自由」であると述べています。

「世の中には楽しいことがたくさんあります。

お金はそのほんの一部にすぎません。

しかし、『会社に縛られないお金』があれば、

自由を得ることができます。」

 

この本を読んで実践すれば、

会社に縛られないお金」をどのように築いていくか、その具体的方法を学ぶことができます。

 

本書の教え

・「収入の範囲で消費する。借金はしない。」

・「収入の一部を貯めよう。お金を貯めていないことがあとで自分を縛る障害になる。」

・「節約してより多くを投資すれば、『会社に縛られないお金』が早く貯まる。」

・「投資アドバイザーを近づけないこと。」

本書から印象に残った言葉

・「健全な投資は複雑ではない。複雑な投資は、それを生み出している人たちを儲けさせるためにある」

筆者が言うように、良い投資はコストが少ない投資です。

銀行や店舗を持つ証券会社の営業マンが勧めてくる商品は、まず「複雑な投資」だと思っていいでしょう。

筆者は、王道の「インデックス投資」を主軸に置いています。

具体的な銘柄選定は、ぜひ本書をご覧いただければ参考になると思いますが、一例をあげるとバンガード社のVTIです。

投資は少額からでも、少しでも早く始めたほうが、複利の力を得やすくなります。

過度に恐れず、最初の一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

ぜひお試しください。


あわせて読みたい