節約

自動車保険を年間7万円節約する方法【3ステップ】

今回は年間数万円を節約できる、自動車保険の見直しについてご紹介します。

実際にわが家では、自動車保険を見直した結果、夫婦合わせて年間7万円近くを節約できました。

自動車保険の見直しは、保障内容が同じなのに、保険料が安くなるのでとてもお得。ポイントは、

  • 毎年比較する
  • ネット保険にする
  • 車両保険は付けない

の3つです。今すぐ見直したいという方は「02 自動車保険の見直し3ステップ」からご覧ください。

そもそも自動車保険ってなに?

自動車保険は、

  1. 自賠責保険
  2. 任意保険

の2つがあります。

①自賠責保険とは

車を持っている方は全員、加入が必須となっている保険です。
加入していないと車検に通りません。

どこの保険会社でも内容や金額は一緒ですので、あまり気にしなくても大丈夫です。

車検の際、一緒に加入する場合が多いと思います。

②任意保険とは

任意保険に加入義務はありませんが、運転するなら加入した方が安心です。

主に対人・対物責任保険と、車両保険があります。

【対人・対物責任保険】

事故で相手にケガ、死亡させた時や

相手の所有物に損害を与えてしまった時の保障です。

限度額は無制限がいいです。

【車両保険】

事故で自分の車が壊れた時の修理費を補償してくれます。

※後述のとおり、わが家は付けていません。

自動車保険の見直し3ステップ

自動車保険見直しの具体的な3ステップをご紹介します。

スマホがあれば簡単に作業できますよ。

①毎年比較すること

保険料等が毎年変わりますので、更新のタイミングで毎年見積を取りましょう

その際に便利なのが「一括見積もりサイト」です。

一番安い保険会社がわかります。

わが家は「一括見積 保険スクエアbang!」を使っています。

②ネット保険を活用する

ネット保険が安くて便利です。

従来の店舗型の自動車保険よりも、代理店や営業の人件費などコストを省いており、価格が安い印象です。

ネット保険に馴染みのない方はいらっしゃると思います。

しかし、ネット保険がはオリコン顧客満足度でも上位にランクインしており、補償内容や事故時の対応は問題ないと考えています。

わが家は2019年がSBI損保、2020年からはイーデザイン損保と契約しています。

③車両保険はつけない

事故をした際、自分の車の修理に車両保険を使うと、等級が下がり翌年の保険料が上がってしまいます。

このため、車両保険を使わず自費で修理する方が多いのが実情です。

どうせ使わないなら、車両保険分の保険代を貯金した方が、いいと考えています。

「新車の場合は付けたい」という意見もあると思いますが、わが家では車は中古車を購入する方針ですので、あまり影響はありません。

新車のうちは加入し、翌年以降は外すなど、柔軟に対応されてはいかがでしょうか。

弁護士特約、個人賠償特約は付けよう

下記の保障は付帯を検討したい内容です。

  1. 弁護士特約
  2. 個人賠償特約

①弁護士特約

事故の相手方へ損害賠償を請求する際に必要な、弁護士費用や訴訟費用に対して保険金が支払われる特約です。

≪例≫

  • 弁護士へ支払った報酬
  • 訴訟費用、仲裁、和解または調停に要した費用
  • 相談費用など

 

②個人賠償特約

日常生活の事故によって、損害責任を負う場合に、保険金が支払われます。

≪例≫

  • 人にけがをさせた
  • 人のモノを壊した
  • 子どもがお店で商品を壊した
  • 自転車で他人にケガをさせた

本人と配偶者、同居の親族が補償の対象になる場合が多いです。

上記2つは付帯しておいて損はないと思います。

ご検討ください。

まとめ

自動車保険を安くするポイントとして、

  • 毎年比較する
  • ネット保険にする
  • 車両保険は付けない

の3つをご紹介しました。

自動車保険をはじめ、保険の見直しは固定費削減につながります。

わが家でも年間7万円の削減につながり、家計は大助かり。

自動車保険を見直して、浮いたお金で投資をするなど、有効に活用していきましょう。

その他の節約方法は下記で紹介しています。

【家計見直し】年100万円の節約術を紹介!保険、スマホ通信費、車、銀行など「節約はノーリスクの投資」と言えるくらい、効果が大きい取組です。この記事では、わが家が実践してきた節約術を一挙紹介します。年間60万円~100万円の節約も可能です。...

インデックス投資を始めたい方へ

投資初心者の方が「月1万円から始めるインデックス投資」を紹介しています。

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...

一緒にFIRE目指しましょう!

こちらの記事もおすすめ