お得・節約

新婚旅行に学ぶ、相見積りのメリット!

2018年2月に6泊8日で、新婚旅行でニュージーランドに行ってきました。

その際、「何にお金をかけるか」「相見積もりを取る」を意識して、約40万円コストカットすることができました。もちろん、満足度はカットしていません。
新婚旅行の段取りを通じて、節約に繋がる考え方をご紹介したいと思います。

プランの希望

・期間:1週間(実際は6泊8日でした)
・ホテル:新婚旅行なので奮発したい
・行先:ニュージーランド
・訪問先:クイーンズタウン、ミルフォードサウンド、マウントクック、テカポ湖




JTBへ

まずはJTBの窓口を訪問しました。

窓口で「新婚旅行の相談を」と告げると、新婚旅行専用の相談窓口に案内され、コーヒーまでサービス。明らかに新婚ビジネスが儲かる様子。

ニュージーランド旅行の相談。
私たちが紹介された商品は、JTBのパックツアーで、自分たち以外のお客さんと団体行動が必要でした。

オプションには、下記が含まれていました。

・2人だけの個室ディナーあり
・シャンパンをプレゼント
・飛行機の遅延時には、JTB社員が代理で対応
・現地で何かトラブルがあれば、現地のJTB支社で相談可能

JTBの見積り額

JTBの見積り額は100万円強でした。



ふとした疑問

JTB訪問後、下記のような疑問を感じました。

「100万円は高いのではないか」

「もっと安いところはないのか」

「新婚旅行なのに団体行動はおもしろくない」

「団体行動でなければ、そもそも2人だけのディナーは当たり前」

「飛行機が遅延したとしても、その時は自分で対応すればいい」

「旅先のトラブルは、話のネタ。自分で対応するのも思い出」

正直なところ、結婚式でお金を使ったばかりのため、懐事情を勘案すると100万円を出す気にはなれませんでした。

JTBのプランは、保険と一緒なのだと思います。
もしもの場合に備えた安心料」が、相当額、含まれているのだと感じました。
もちろん、職員の人件費を考えれば、高くなるのは当然です。
中身を吟味しないと、余計なコストが掛かることを実感しました。

HISで手配

結局、HISで手配を行いました。
新婚旅行のパックツアーではなく、飛行機代、ホテル代、現地でのオプションツアー3点を、それぞれ分けて予約しました。

合計で60万円弱。JTBと比べて40万円ほど安くなりました。

サービスは何も問題なく、ホテルは最上級を手配したこともあり、今までで一番快適な旅でした。



お伝えしたいこと

JTBが高い、HISがオススメということを言いたいのでは決してありません。

・その時その時で複数見積りを取ろうということ
・予算を決めて、自分たちに何が必要で、何が不要かを取捨選択すること

が伝えたいことです。そして、価値観の合うパートナーと巡り合ったことが何よりの財産だということも(笑)

振り返れば、ホテルは超豪華でしたので、ワンランク下げてもよかったと家族で話していました。家族の価値観に沿った選択をしていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。



あわせて読みたい