お得・節約

子育て世代の生命保険、おすすめは?何を選ぶ?

わが家では2021年12月に第一子が生まれます。

安定期を無事迎え、妊娠7か月に入ったので、
夫が生命保険に加入しました。

どんな保険にはいればいいの?

という方も多いと思うので、

まいるーむ
まいるーむ
わが家が加入した生命保険を紹介するよ  
オススメ読者

・生命保険(死亡保険)を検討中の方
・子育て世代で安い保険を探している方

節約メーター

・節約額:
・手軽さ:
・貯蓄型生命保険から見直した場合、
節約額は年間20万円以上
※あくまで、まいるーむの主観です。

わが家が選んだ保険(結論)

メットライフ生命「スーパー割引定期保険」という、
掛け捨ての死亡保険に加入しました。

選んだ理由

選んだ理由は下記のとおりですが、保険料が安いからです。

・保険料が安い
・ネットで申し込みができる
・喫煙の有無や血圧・体格など、
健康状態に応じて、
健康な人ほど保険料が安くなる

夫は喫煙しないので、
保険料がさらに安くなるのが魅力でした。

気になる保険料は?

下記の契約内容で、保険料は月2,430円です。
保障額:3000万円
契約期間:10年更新




保障額はいくらにすればいいの?

死亡時の保障額はどう考えたらいいの?
まいるーむ
まいるーむ
家庭によって必要額は変わるから、考え方を共有するね。 

わが家の計算方法は下記のとおりです。
計算方法は各種ありますので、
あくまで参考程度にご覧ください。

保障額
年収×3年(立ち直る期間)+子供の教育費(1000〜2000万円)

遺族年金という制度があるので、
遺族年金を考慮して保障額を決めましょう。

遺族年金ってなに?

国民年金や厚生年金の加入者が亡くなった場合、
遺族に遺族年金が支給される年金のことです。

①遺族基礎年金(自営業・フリーランス)
②遺族厚生年金(会社員)

会社員の場合、②遺族厚生年金は、
平均標準報酬月額(4~6月分の収入の平均額)
によって決まります。

遺族年金と貯金で不足する教育費、
生活費を、掛け捨ての死亡保険でカバーするといいと思います。

生命保険が必要な理由

保険は、現役世代が
緊急・重大な事態への備えのために
期間限定で利用するのが賢明(いらない保険 後田亨、永田宏著)
です。

大黒柱に万が一のことがあった場合に、
遺族年金と貯金で不足する教育費、生活費を、
掛け捨ての死亡保険でカバーしましょう。

もちろん、十分な貯金があるという方は、
無理に加入する必要はありません。

あくまで、不足する額に対して、
「少額の保険料」、「高額保障」の保険え備えましょう。

以上、子育て世代の生命保険についてご紹介しました。

参考になれば幸いです。

まいるーむ
まいるーむ
関連記事です! 
「いらない保険」保険を見直したい方におすすめの1冊皆さん、内容をあまり理解せず、 何となく加入している保険はありませんか。 今回は保険の見直しに役立つ1冊、 ずばり「いらない保...

 

【貯蓄型の生命保険がいらない理由】保険代は投資に回そう!こんにちは、まいるーむです。 今回は「貯蓄型の生命保険がいらない理由」について、わが家の実例とあわせてご紹介します。 ...
あわせて読みたい