お得・節約

iPhoneは中古がコスパ最高!お得に使おう!

今回お届けしたい内容は、iPhoneの購入代を節約しようというものです。

その方法は、ずばり、中古のiPhoneを使うことです。

新品iPhoneの価格

iPhone12 「64GB」の場合、新品の価格は94,380円(税込)です。※2021年6月8日時点

最新のiPhoneは、お手頃とは言い難い値段ですね。

しかも、大手通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯ショップでは、型落ちの新品iPhoneは在庫切れの場合が多く、結局、最新機種を購入しなければいけない羽目になります。




中古のiPhoneが向いている方

一方で、下記のような方に、

中古のiPhoneがおススメです。

・最新に特段こだわりがない方

・普段使う機能が、メール、電話、LINE、SNS、検索の機能程度の方

・安くiPhoneを購入したい方

・iPhone8の指紋認証を愛用している方

わが家の事例紹介

わが家は、ゲオで中古を購入しました。

・夫:XR 64GB 3万5千円(2021年2月)

・妻:SE 64GB  4万2千円(2021年4月)

中古なので、いい物に巡り合えるかはタイミングと運ですが、わが家では不満なく使っています。




中古を購入する際の注意点

次に、中古のiPhoneを購入する際の、注意点をご紹介します。

1赤ロム

赤ロムとは、「通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)により、ネットワーク利用制限を掛けられていることを指します。

赤ロムの状態では、販売元の通信キャリアの回線を含め、その回線を使う格安SIMも通信機能が利用できなくなります。

赤ロムとなってしまう主な原因として、「分割払いを滞納している端末」が挙げられます。

ちなみに、ゲオの場合は、赤ロムの機種に対しては、返金されるので安心です。

2バッテリーの状態

中古のiPhoneで気になるのは、バッテリーの状態です。

90%以上、欲を言えば95%以上あれば、問題なく使えると思います。

3SIMフリー又はロック解除済み

格安SIMを使おうと思ったら、SIMフリー又はロック解除済みがおススメです。

SIMロックの状態だと、利用可能な格安SIMの会社が限られてしまいます。

また、将来的に売却する際も、SIMロックが解除されている端末の方が、買い取り価格が高くなります。




自分が使っていたiPhoneはどうする?

中古として売ることをおすすめします。

iPhoneは、リセールバリューが高い商品です。

ゲオで買取もしてくれますが、おすすめはメルカリへの出品です。

iPhone8 64GBをメルカリに出品した結果、18000円で売却できました。

iPhoneは値段が下がりにくいので、使い古したiPhoneも売れるのが、家計には嬉しいところです。

メルカリに出品して高値で売れた商品6選 今回は、「メルカリに出品して高値で売れた商品6選」と題して、お届けしたいと思います。 2020年のコロナ禍の影響で在宅時間...



中古のiPhoneは、在庫も充実していますので、検討の余地は十分あると思います。
費用対効果は高いです。

ちなみに、通信費は楽天モバイルで節約するのがおススメです。

通信費を年15万円節約する方法!楽天モバイルがおすすめ!節約に効果的なのが、通信費の見直しです。 携帯の通信費を見直すことで、夫婦で月1万円以上の固定費削減になります。 ...

 

ぜひご検討ください。



あわせて読みたい