投資

【実話・注意】店舗型証券会社で買わされたのは手数料の高い「ぼったくり投資信託」

こんにちは、うしどんです。

以前、「銀行や証券会社など店舗型の金融機関で資産運用をやってはいけない理由」という記事で、その理由は「手数料の高い金融商品を売りつけられるから」とお伝えしました。

実は、私が初めて野村証券で投資商品を購入した体験談に基づいています。

うしどん
うしどん
今回はその失敗談を紹介するよ

今回は、野村証券で投資信託を購入した体験をご紹介することで、

実際に営業されたぼったくり商品の実情

店舗型の証券会社は、手数料の高い商品を売りつけてくる事実

をご覧いただき、「やっぱり店舗型の金融機関に近づいてはいけない」ことを感じていただければと思います。

うしどん
うしどん
皆さんには私の痛い失敗を通じて、楽天証券などネット証券での投資をしてほしいと思い、赤裸々に書いたよ

購入させられたのは、手数料の高い投資信託

野村証券の営業マンから勧められて購入した投資信託は、「野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信(米ドルコース)毎月」でした。

うしどん
うしどん
社会人2年目でやっと貯めた100万円で、この商品を購入したよ

野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信(米ドルコース)毎月

・分配金:年12回配当

・購入時手数料:3.3%程度

・信託報酬(保有時のコスト):実質コスト年2.063%

・信託財産留保額(売却時のコスト):0.3%

この数字を見て、

手数料たか!ぼったくりやん

と思って頂けた方は、もう心配ありません。

一方で、

どこがぼったくりなの?

と思った方は、ネット証券で購入できる優良投資信託、eMAXIS Slim米国株式と比較してわかりやすく解説していきます。




手数料等の比較

野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信とeMAXIS Slim米国株式の比較は次のとおりです。

野村ドイチェ eMAXIS Slim米国株式
分配金 年12回 再配当
購入時手数料 3.3%程度 無し
信託報酬(保有時のコスト) 年率2.063% 年率0.0968%
信託財産留保額
(売却時のコスト)
0.3% 無し

分配金

毎月支払われる分配金に対して、20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%)が課税されます。投資効率は落ちてしまいます。

購入時手数料

100万円を購入した時点で、3.78万円の手数料が掛かりました。

信託報酬(保有時のコスト)

2014年から2020年まで、7年間保有していたので、

単純計算で100万×2.063%×7年=約14.4万円を手数料として取られたことになります。

信託財産留保額(売却時のコスト)

2020年に解約した時点で、資産総額は586,999円でしたので、

585,999円×0.3%=1,757円の手数料を取られました。




なぜ野村證券で購入してしまったのか

うしどん
うしどん
野村証券で購入した理由を説明するよ

野村証券で購入した理由は、

・家族が利用しており、営業マンと知り合いだった。

・野村証券は大手だから安心だと思った。

というもの。

「無知は搾取される」典型例ですね。

最終的には損切しました

前述のとおり、2020年に解約しました。

100万円投資して、586,999円(▲413,001円で損切しました。

解約したお金は、すぐに楽天証券でeMAXIS Slim米国株式やオールカントリーなど、優れた投資信託に再投資しました。



失敗は勉強料だ

野村証券で投資したおかげで、より一層投資に関心を持ち、自分で投資関連の本を読み漁るようになりました。

すると、野村証券で購入した商品がぼったくりであることに気付くことができました。

損切した額は勉強料だと思って、今後の投資に活かしています。

私がたどり着いた「インデックス型投資信託の投資方法」を紹介していますので、ぜひご覧ください。

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...
こちらの記事もおすすめ