投資

わが家は『インデックス&米国高配当投資』/長期・低コスト・分散が鍵

今回は、「わが家の投資スタイル」を紹介します。

わが家の取り組む投資スタイルは、「インデックス投資&米国高配当投資」です。

このブログで取り上げていく投資スタイルでもあるので、皆さんの参考になれば幸いです。

一緒に金の卵を育てていきましょう。

投資の前提

前提として、資産の全投入はしていません。

生活防衛資金を現金で確保し、余剰資金を投資に回しています。

毎月コツコツ、積立投資です。

夫は2016年から、妻は2020年から投資をスタートしました。

方針は「長期・分散・低コスト」です。

投資先は、わが家は成長著しい米国を中心に、全世界にも少し分散させています。

なお現時点では、日本の個別株は購入していません。将来的には検討したいと思っています。

ステップ1 つみたてNISAを満額活用

ステップ1として、つみたてNISAを満額活用しています。

つみたてNISAは、分配金や売却時の利益が非課税になるお得な制度なので、使わない手はありません。

年額40万円(月33,333円)が上限となります。

つみたてNISAについては、こちらの記事をどうぞ。

お得な「つみたてNISA」で投資をしよう!「つみたてNISA」のメリット、デメリットを把握して、しっかりと活用していきましょう。 つみたてNISAの概要がわかりますので、ぜ...

つみたてNISAで買っているもの

わが家はつみたてNISAを活用して、

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim全米株式(オール・カントリー)

を毎月積み立ています。

うしどん
うしどん
加えて、 夫はiDeCoで楽天VTIを購入しているよ

投資資金が確保できない方はまず節約!

つみたてNISAの投資に回すお金がないという方は、まず節約に取り組んで家計をスリムにしましょう。

大丈夫です。わが家もかつては赤字家計でしたが、節約に取り組み、年間60万円以上の固定費削減に成功しています。

節約術については、下記をご覧ください。

【家計見直し】年間100万円減の節約術を紹介!保険、スマホ通信費、車、銀行など「節約はノーリスクの投資」と言えるくらい、効果が大きい取組です。この記事では、わが家が実践してきた節約術を一挙紹介します。年間60万円~100万円の節約も可能です。...

ステップ2 特定口座で米国高配当を購入

「ステップ1つみたてNISA満額」の次に、ステップ2として、特定口座で米国高配当ETFを積み立てしています。(妻は引き続き投資信託)

インカムゲインを狙う米国高配当投資に魅力を感じています。

米国高配当投資は、下記の魅力があります。

  • 月々のキャッシュフローを読みやすい
  • 再現性が高い
  • 配当という不労所得の可視化ができ、FIREに向けた実感を抱きやすい
  • 出口戦略を考える必要がない

まあ、このあたりは個人の好みと判断が分かれるところですね。

VYM、HDV、SPYDが主な投資先です。

【米国高配当ETF】VYMを買うべき理由今回はわが家で購入している米国高配当株ETFのなかから、VYMについてご紹介します。 ETFとは何? まず、簡単にETFのことをご説...
【米国高配当ETF】HDVを買うべき理由今回はわが家も購入している米国高配当株ETF、HDVについてご紹介します。 (adsbygoogle = w...
【米国高配当ETF】SPYDを買うべき理由/配当金生活を目指そう!SPYDとは、米国高配当株ETFの商品です。正式名称は、「SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF」で、SPYDはそのティッカーコードです。SPYDはFIREを目指せる高配当ETFです。 ...

 

※なお、妻は投資信託を購入しています。

わが家の投資の歩み

わが家の保有資産や買い付け状況、配当金などの内容を公開しています。

よかったら、「投資の歩み」をご覧ください。

うしどん
うしどん
2031年までに保有資産3000万円を目指します! 

月1万円から始めるインデックス投資

このブログでは、「投資初心者の方が月1万円からインデックス投資を始める方法」を紹介しています。

【投資始め方ガイド】インデックス型投資信託の積立投資方法を解説します!投資初心者の方に向けて、「月1万円から始めるインデックス投資」の方法を紹介しています。まずは、税制優遇を受けられるつみたてNISAとiDeCoの満額を目指しましょう。...

最初は小さな一歩でも、20年後には大きな差がついています。

一緒にFIREに向けて頑張りましょう!

こちらの記事もおすすめ