お得・節約

奨学金、前倒しで返済するべき?

皆さんのなかにも、学生時代に奨学金を借り、今も返済されている方が、いらっしゃると思います。

早く返済するべきかどうかどうか、迷われている方も多いのではないでしょうか。
今回は「貯蓄があっても奨学金を前倒しで返済しない理由」について紹介します。

まいるーむ
まいるーむ
奨学金は焦らずコツコツ返済しよう

わが家は夫婦二人とも、大学進学にあたり、日本学生支援機構から奨学金を借りました。

金額は夫が288万円、妻が230万円ほどで、毎月コツコツ二人あわせて年間33.3万円を返済しています。

総額588万円に対して、残高が258万円、あと7年9ヶ月で完済の予定です。

奨学金=借金だから、少しでも早く、まとめて返済した方がいいのでは?
まいるーむ
まいるーむ
一般的な借金はそうだね。だけど、奨学金は事情が違う場合が多いよ。解説するね

実はわが家でも、それぞれ独身時代に貯めたお金などを活用すれば、もう少し早く完済できるのですが、あえてしていません。

なぜ前倒しで返済しないか

もし貯蓄を奨学金の前倒し返済に充てると、わが家の場合は約2年で完済できます。

でも、わが家は前倒しの返済に充てず、投資に回しています。

具体的には、

・「つみたてNISA」を満額活用し、年間40万円×2人=80万円
・「iDeCo(夫のみ)」を年間14.4万円
年間で合計94.4万円を運用

しています。

なぜ運用するのか

次に、なぜ奨学金を前倒しで返済せずに、運用(運用分)を優先しているかご説明します。

ポイントは2つです。

①夫婦が借りている奨学金は第一種であるため、利子がない。

このため、前倒ししても、しなくても総額が変わらない。
(生命保険のように、年払いをすれば割引があれば話は別ですが、日本学生支援機構の場合には、まとめて支払った場合にも割引がありません)

②年間94.4万円を運用すると、運用益(4%目標)を期待できる

下記で比較します。

【この94.4万円を全て奨学金の返済に回した場合】

2022年12月 奨学金完済
2023年 1月 年間94.4万円運用開始+年間貯金33.3万円(返済にあてていた分)
2028年9月 貯蓄797万円(運用益66万円含む)

【奨学金を前倒し返済せず、運用を優先した場合】

2028年9月 奨学金完済、貯蓄856万円(運用益125万円含む)

※わかりやすさ重視で、税金等の話は省いています。
※また実際の利回りは変動するため、あくまで推定値です。

税金等の複雑な話はここでは省略しますが、奨学金を前倒し返済せずに運用を優先させた場合の方が、奨学金返済終了時に59万円も得することになります。

利子なしの奨学金の場合、毎月返済しても合計金額は同じなのでたんたんと返済し、毎月運用に回せる金額を増やすことで運用益アップに繋がります。



前倒しで返済すべき場合(利子がある場合)

でも、「利子あり」の場合にはどうしたらいいの?
まいるーむ
まいるーむ
ある書籍からヒントを引用するよ。早く返済した方がいい場合があるよ

・借入金の金利が3%未満だったら、返済はあせらず、余裕資金を投資に回しなさい。
・借入金の金利が3~5%だったら、余裕資金を返済に充てても、投資に回してもかまいません。
・借入金の金利が5%より高かったら、何をおいてもできるだけ早く借入金を返済すべきです。

「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」
ジェイエル・コリンズ著/小野一郎訳

上記は一例ですので、ご自身の経済状況等を踏まえてご検討いただければ幸いです。

最後に、かの有名なアインシュタインの言葉で締めくくります。
複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う

投資は複利を活用すれば、上手に資産を増やせます!少しでも参考になれば幸いです。

あわせて読みたい