お得・節約

車を売却して固定費を抑えよう!高く売る方法を解説!

皆さんは車を所有されていますか。

車を一台所有すると、ガソリン代、保険料、高速代、税金、修理代、駐車場代など、維持費に年に数十万円かかると言われています。

生涯で約4000万円近くになるとの試算もあります。

いわゆる金喰い虫です。

わが家は、夫婦それぞれ車を所有(夫:普通車、妻:軽自動車)していましたが、維持費のことも考えて、2021年4月に軽自動車を売りました。

今回は車売却のことを記事にまとめました。

少しでも高く売るためのコツもお伝えします。

なぜ売ることにしたか

夫が転勤で自転車通勤となり、平日は車を使わないことになったため、売却することにしました。

今回売ったのは妻の軽自動車(H24年初回登録のラパン、走行距離:約6万キロ)です。

 

少しでも高くで売るために

相見積もりを取る

高く売るために、相見積もりを取るようにしましょう。

ネットで簡単に申し込みできるサービスがありますので、ご活用ください。

わが家では、ナビくる」というサイトを使いました。www.navikuru.jp

登録してすぐに、早速3社の営業マンから電話連絡があり、査定日のアポもスムーズに決まりました。

【見積もり結果】

・A社 30万円

・B社 34万円

C社 39万円

ご覧のように、最大9万円の差がありました。

もしA社1社しか見積もりを取っていなかったとしたら、もったいないですよね。



自動車税について

自動車税については注意が必要です。

4月1日時点の所有者に対して、自動車税は発生します。

普通車の場合、還付を受けることができますが、軽自動車税の場合、還付を受けることはできません。

もし払いたくないという方は、3月中に車を売却する必要があるので、ご注意ください。

ちなみに、自動車税をどちらが負担するか、販売先の会社に掛け合うのも一案です。

ただ、わが家の場合、「買取料金に含まれています」と一蹴されました。

高価買取が期待できる時期を選ぶ

営業マンから聞いた情報です。

高価買取が期待できる時期は、2月~3月だそうです。

理由は、

「新社会人の方や、転勤など、

新生活に向けて、車が動く時期だから」

とのこと。

各社がこぞって在庫を確保したがるので、高価買取なら2月から3月がオススメだと伺いました。

※ちなみに、わが家が売却した4月下旬は、中古車商戦がひと段落した後で、値がつきにくい時期とのことでした 涙

ベストな売却時期

自動車税のことも踏まえると、2月から3月が、最適ではないかと思います。

1台にした効果

当然ですが、駐車場代や維持費が掛からなくなります。

そのほか、思わぬ効果もあります。

ちょっとした買い物は、歩く又は自転車に乗る機会が増えます。

夫婦で出掛ける機会も増えます。

車内での会話も増えて、仲良くなれます!

まとめ

わが家同様、地方にお住まいの方は、車があると便利なのはよくわかります。

一方で、自転車を使う公共交通機関を使うタクシーを使うなど、できるだけ車を持たない工夫はできるかもしれません。

一度、車の使い方を家族で見直してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい