お得・節約

ふるさと納税を活用して、お得に節約しよう!

早速ですが皆さんは、ふるさと納税をされていますか。

まだの方はこの記事を読んで、今年はぜひ活用しましょう。

この記事でわかること

・ふるさと納税の仕組み
・ふるさと納税の始め方
・わが家のおすすめ返礼品

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、自治体に寄付をすると実質負担2千円で返礼品がもらえるという制度です。

詳しく言うと、ご自身の所得に応じた寄付上限額を満たすまで、2千円の自己負担で、複数の自治体に寄付することができ、その寄付額に応じて自治体からお礼の品を受け取れる、というお得な仕組みです。

まいるーむ
まいるーむ
多種多様な返礼品があって迷うくらいだよ



税金それ自体を減らすのではなく、住民税の先払いに近いイメージです

ふるさと納税は、金銭的な節税になるわけではありません。

でも2千円以上の返礼品がもらえますので、返礼品分お得=実質的な節約につながります。

まいるーむ
まいるーむ
このあたりの考え方が少しわかりにくいよね。下記の例で説明するよ

例えば総額5万円をふるさと納税に充てたとします。

実質自己負担額2千円を除く4.8万円に対して、所得税の還付、住民税控除額がになります。そして、2千円以上相当の返礼品が貰えます。

通常の納税の場合、5万円分納税してもただお金が出ていくだけですが、ふるさと納税の場合、返礼品をもらえる分お得です。

 

ふるさと納税の3ステップ

次に、ふるさと納税の3ステップをご紹介します。

まいるーむ
まいるーむ
習うより慣れよ!実際にやってみよう!

1.控除額の上限額を確認しよう

年収や家族構成で控除される上限額が違うので必ず確認しましょう。ふるさと納税のサイトで、簡単にシミュレーションができます。

2.寄付する自治体を選んで申し込もう

「さとふる」や、「ふるさとチョイス」、「楽天ふるさと納税」など、インターネットから簡単に申請ができますので、お好みのサイトを選んでください。

わが家は、楽天ポイントがっつり貯まる、楽天ふるさと納税を使っています。

「楽天ふるさと納税」で賢く節約!皆さんは、ふるさと納税されていますか。 上記の方を対象に、「楽天ふるさと納税」の魅力をご紹介します。 「そも...

 

3.確定申告等で手続きをしよう

ワンストップ特例制度(※)を活用するか、ご自身で確定申告を行えば完了です。

※ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をした後に自分で確定申告をしなくても、寄付金控除を受けられる便利な仕組みです。

【ワンストップ特例制度を活用できる条件】

 

①もともと確定申告が必要ない給与所得者であること

②1年間の寄付先が5自治体以内であること

③申し込みの都度、申請書を郵送していること

 




わが家が返礼品に選んだもの

わが家が2020年に選んだ返礼品は次のとおりです。

・白米10kg

・玄米30kg

・トイレットペーパー8袋

わが家のように生活必需品を返礼品で選べば、これらの購入費用の節約につながるので節約家計にはオススメです。トイレットペーパーは半年以上分のストックになりました。

まいるーむ
まいるーむ
家計は大助かり!自分で重たい買い物もしなくていいし!

とはいえ返礼品を選ぶ楽しみも、ふると納税の醍醐味ですので、あくまで選択肢の1つとして、参考になさってください。

参考になれば幸いです。

「楽天ふるさと納税」で賢く節約!皆さんは、ふるさと納税されていますか。 上記の方を対象に、「楽天ふるさと納税」の魅力をご紹介します。 「そも...
あわせて読みたい